退職は逃げなのか?!退職する理由 5つ

仕事|やめてみた

ずっとモヤモヤしながらも25年続けてきた仕事を退職することに。退職後、埋もれるのか? いや自立してみせる。決意表明とこの先のロードマップの話。

退職を選択する理由 5つ

1.管理職になった 

2.職場の飲み会が億劫になった

3.このまま仕事を続けた先に夢が持てない

4.仕事にやりがいを求めてしまった

5.このまま人生終わりなのか?  ←そう、このまま終わりでいいのか?!

管理職っておもしろいか⁈

モーレツに面白くないですな。 

スタッフとしての企画立案は、楽しめたのですが

管理職になると、部下の育成…部下の立案ヒントを準備して、企画のサポート、成功は部下のものとして褒め称える…

部下のタイプも様々なので個性を生かしながら、宥めたり煽てたりチームとして成果を残す・・・

ことにちょっと疲れました

管理職なりに頑張っているのですが、頑張ることは当然のことと流されていく毎日はキツい・・・

私も褒められたいよぉ😭

職場の飲み会が楽しくない…

じっくり一人ひとりと向き合って関係性を築いていくタイプとしては、職場の人との仕事以外の距離感を詰めるのも少し時間がかかります。

若者や上司との飲み会では気を遣ってなんだか疲れてしまう…発散のための会なのに、逆になんで参加したんだろ…私の存在意義…

仕事自体に疲弊していたのもあるのでしょうが、アフターファイブの付き合いさえ

なんだか苦痛になってきていました

このまま続けた先にあるものは?

どうしても目の前の仕事を頑張ってしまう、上司や部下の信頼に応えたいと思う…そうして自分や家族との生活を多少なり犠牲にしながら必死で定年まで働いた先は… 幸せなのか??

女性登用の波に乗って、先陣を切って管理職の頂点を極めた先輩方は、本当にすごい。

あなたもその波に乗っている、と言われても・・・

自分の20年後を想像したときに

燃えつきて、前のめりに倒れ込む自分しか想像できませんでした。

組織に尽くして前のめりに倒れた後、自分の時間を持ったときに、そこから新しいものを立ち上げる気力、体力があるのか?

疲れ果てて笑う元気すらないのではなかろうか

気力体力を自己実現に使いたい!!

できるだけ早く!!

仕事のやりがい

それなりに楽しく25年やってきました。

仕事は好きです。

知り合った仲間も得た経験も

間違いなく今の自分の土台になっている

3年毎に配属先が変わり、新しい事業構築に奔走して・・・

配属先に貢献できた! と思える事業をいくつか残せたことは

振り返って 若干鼻が高くなります。

ま、ここらの話は別にするとして。。。

管理職になると、自分のやりがいより組織に貢献することが大きな比重を占めるようになります。

一人の組織人として、上司に言いたいこと言ってやりたいようにやってきた時代を卒業した時点で

少し視点が変わっていき、今まで感じていた仕事への達成感の感じ方を変えていく必要が出てきました。

そのうち

組織のゴールを目指すより、自分のポリシーに沿ってオリジナルゴールを達成したくなったんです。

仕事のやりがいは感じたい。

組織人としてやりがいを見出せなくなったのであれば、自ら作ろう。

退職は現実からの逃避で終わらせない。

次のステージへのケジメだ。

なぜ退職を選択するのか

きっかけはコロナ療養でした

2022年、流行に乗って 我が家で、一番に感染した私

自室にこもって隔離の10日間という時間が、これからのことについて、考える時間になりました!

夫がご飯を作って自室前まで上げ膳下げ膳✨ (ご飯作りも買い物もしない!できない!)

発熱時はキツくてアレでしたが

療養生活後半は、ウイルス発散防止のため自室にこもって・・・

やれることといったら 掃除・・・読書・・・ユーチューブ・・・

あれ? この時間サイコーじゃない? 

そして、私が出勤しなくても職場、回ってるじゃん!

職場に行かずに自分の好きなことしてたいって気づいちゃったんです☆

今初めて…というよりは、ずうっともやもやしてきたけれど、職場のやることリストを潰していく間に毎日が過ぎて25年経ってたというところでしょうか。

職場から給与を得ながら、ダブルワークするのが最も安定ではありますが

制約の多い職種でダブルワークNGということもあり・・・

このままでは、どちらも中途半端になる。

50歳での起業を目指し

すっぱりやめることにして、起業準備に専念しようと決めた瞬間

世界が明るくなりました。

そう、毎月固定給が入ってくる安定をわざわざ捨てることについて

夫は、あっさり「辞めていいよー」でした

夫の方が、仕事辞めたくてやめたくてかなり前から緻密に準備してきていたのに

私の見切り発車を後押ししてくれました

まとめ

管理職になって、自ら事業を起こす楽しみが減りました

部下が事業構築することのアシスト、サポート、成果が出たら部下を褒める・・・

いや、私も褒められたい・・・

何より腹が立つのは、給与に反映されない人事評価。

客観的に事業を残したつもりでも、成果は個人ではなく組織のもの

出世や評価は、結局、アピールしたもん勝ちの世の中なの?

今、仕事に投じている労力を、自分のためだけに投資できたら・・・

それなりに食っていける気がする。

何より、時間の自由度が増す

達成感も増す

貧乏になるかもしれないけど、わくわくする毎日を送りたい。

職場で頑張り続ける同志には、サイアク夫の扶養に入るという選択肢もあるし

キツい職場から結局逃げただけ、と捉えられないよう

着実に、ネクストステージへステップアップします

ロードマップを立てた。やるしかないのだ。

職場に注いできたエネルギーを持ってすれば、できるはず。きっと。

ロードマップ

  • STEP1 FIRE 収入確保 
  •     :月収報告
  •     :税金のこと
  •     :健康保険のこと    
  • STEP2 個人事業主として起業する
  •     :事業を着実に展開する
  • STEP3 野望
  •     :音楽・美術・スポーツに寄与
  • DAILY LIFE  
  •     :外見を磨く
  •     :内面を磨く
  •     :豊かな暮らし

タイトルとURLをコピーしました