楽しみながら痩せるズンバ

フィットネスでストレスフリー

どんな大変な日常も、ズンバで整う。しかも痩せる話。

ズンバZUMBAってなに

ラテンのリズムに乗って、とにかく身体を動かすのがズンバ。特にルールもないので、初心者でもとにかく音楽に合わせて身体を動かしていれば、それなりに整う。

初心者でも楽しめる有酸素運動として、ジムのクラスには必ずあります。

音楽も良くて、洋楽の乗りやすいラテンのリズムがベース。先生によっては、流行りの曲も合間に入れてくれてたりしてオリジナルダンスを踊るので、気分あげあげでもろもろリセットされます。

BTS とか、ADOとか、テイラースウィフトとか、米津とか、、、中には、ズンバクラスで流れて好きになった曲もあって、ダンス以外にも広がりがあります〜

Wikipediaより↓

ラテン音楽を中心にして世界中の音楽で行われるダンスプログラムであり、クンビアサルサメレンゲレゲトンを必須の項目としてエクササイズが行われ、そこにマンボチャチャ、ソカ、サンバアシェミロンガ、バチャータなど他のラテン音楽、ヒップホップ フラメンコロック、タンゴジャズスウィング、ベリーダンスボリウッド (インド舞踊)などが加わる。さらに2016年からは JPOPが追加された。エアロビクスなどのその他のフィットネス、エクササイズプログラムに比べて、ダンスステップを基本としており、クラブなどでの「実用性」にも富み、それが昨今の人気に繋がっていると・・・」

ズンバって腰振り踊りなのか?

ズンバはラテンの音楽ということもあって、まあまあ艶かしく腰を動かします。ウィキペデイアによると、「2017年6月、イラン政府はラテンアメリカ発祥のズンバの動きが、イスラム的な価値観に反しているとの見解でズンバを禁止した」ほどです。

初めは こんな腰振りダンスちょっと無理、と外から眺めていたのですが、一度思い切ってクラスに入ってみると、まあ楽し♪

正直、初めて参加した時は、先生が私にアンテナ張ってくれて、腰回りの動きの基礎を教えてくれました・・・腰振りと思っていた動きは、ウエストを捻りあげる動きだったとびっくり・・・!Wikiによると、あれは、腰でもウエストでもなく、「骨盤」を動かすそうな・・・深い・・・

とにかく、えっこれ、もしかして憧れのくびれ作りに効果があるのでは?とすっかりハマって行ったのでした。

しかし、初心者すぎて、自分の鏡に映る姿が笑えて笑えて・・・なんか全てがおかしくなって、笑いながら腰振ってたら、先生から「笑わない💢」と怒られたのも今となってはいい思い出です。

腰振りではなく、ウエストを捻りあげる動きを続けた結果

ズンバをかれこれ毎週1回は続けてきました。先生の個性(オリジナルダンスや音楽のセンス)が自分と合うかでズンバが楽しいかどうか、決まっていくのですが、今通っているジムの週末ズンバは楽しい!! 先生の音楽セレクトもいいし、とにかく手を抜かず、激しめの曲を続けてくれます。先生に言わせると「大人の部活」だそうな。部活、大好き✨

そして、痩せる!気がする!!!!!

いや、先生自身、ズンバの後は2キロ体重が落ちてる、っていうから、やっぱり痩せるくらい汗が出る激しい動きなのだと思います。

私はというと・・・いつもズンバ後、温泉後にしか体重を測らない。しかも、週1ペースなので、ズンバ前後に痩せてるかどうかはよく分かんない。

肝心のくびれは・・・んー代謝が落ちているせいですかねえ

いや、運動量より食べているせいですかねえ・・・

変化なし・・・

いや、変化なし、ということはいいことなのかな?

とはいえ、毎年1回の人間ドックでは、体脂肪率25〜26%をここ5年ほど維持できているのは、ズンバのおかげ、と言っていいでしょう。

くびれはもっと欲しいところですが、この年齢で、腰回りの肉付きが、ある程度抑えられているのは、ズンバのおかげかも!

先生ありがとう、ズンバありがとう、ジムよさようなら

そのズンバクラスが明日で最終日です!!! 寂しくて泣けてきます。

というのも、ジムがコロナ禍の煽りを受けて、閉鎖になるのです。

天然掛け流しの温泉付き、通っている人とも馴染みになって、スタッフさんも気が利くし、ジム運営は誠実だし、たまにズンバパーテイーやエアロパーテイーなど楽しい企画もしてくれていました。唯一とも言っても過言ではない毎週末の私の癒しスポット。。。そのジムが9月末、あと1週間で閉鎖します。

明日は9月最後の日曜日。大好きなあのクラスでのズンバはラストです。

ジムには70代、80代の女性も元気に通っていて、クラスに入ったり筋トレしたり温泉で癒されたり、、、で毎日充実した生活をされている後ろ姿を見てこれたジムでした。身体が動くうちは、一生通い続けたい・・・と思っていた人も大多数で、閉鎖は残念でなりません。

そして、自分の退職年度とも重なるとは。。。個人的には、退職後、来年度は毎日通うぞーなんて張り切っていただけに、さてどうやって過ごそう、と途方にくれています。

思い切り、楽しく踊ってきます!

タイトルとURLをコピーしました